Webでの集客や営業を支援するマーケティング情報メディア

302リダイレクトとは?301リダイレクトとの違いを解説

サイトを運営するとなると、状況に応じて302リダイレクトというものが必要になることがあります。この302リダイレクトとは、簡単にいえば記事から記事へリンクを転送するような役割を持つもので、一時的なページの移転等を行う際に用いられる方法です。

しかし、このリダイレクトには301や302といった複数の種類があり、イマイチ区別がついていない方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、302リダイレクトとはどんなものかを解説していきます。

302リダイレクトとは?

302リダイレクトは、リンク間の転送を行う時に用いる方法です。長期的にリンクを移転する際に用いるのではなく、短期的・一時的なリンク移転の際に用いられる方法となります。

リダイレクトはそもそも、元となるページのリンクをクリックした際に、別で用意したページのリンクに転送させるための仕組みです。この転送を行なう期間が短期間である場合に、この302リダイレクトが用いられます。

実際によくあるケースに当てはめて考えてみましょう。

302リダイレクトはいつ使われる?

先述の通り、302リダイレクトの特徴は短期的なページ転送時のリダイレクト方法であるという点にあります。

そのため、

  • サイトページをリニューアルしたい場合
  • 一部のページで不具合が発生している場合
  • システムメンテナンスを行いたい場合

など、自サイト内のコンテンツを修正したい場合や、表記の変更やサイト内システムの大幅な改修を行いたい場合一時的なメンテナンスページへの誘導のために、リダイレクトが用いられます。

そのため、302リダイレクトを利用する場合は、期間が1ヶ月以内であることがほとんどです。数日間の簡単なリニューアルであったり、数週間のメンテナンスのためにリダイレクトを行うなら、302リダイレクトを用いると良いでしょう。

SEO的な問題は?

サイトを実際にお持ちの方なら、リダイレクトによるSEO面での影響も気になると思います。基本的にリダイレクトを行なったとしても、SEOに大きな問題はありません。リダイレクトされる別ページにも、リダイレクト元のページが集積していたページの評価がそのまま受け継がれるため、流動が大きく目減りするといった心配は特にないといえます。

しかし、302リダイレクトの場合インデックス(検索エンジンにページが登録されること)されるのは、リダイレクト元のページとなります。そのため、転送先のページがインデックスされることはありません。このような面で短期的なリダイレクトには302リダイレクトが適しているといえるでしょう。

301リダイレクトと302リダイレクトの違い

302リダイレクトと混同されがちなのが、301リダイレクトの存在です。

先ほどまでの302リダイレクトが短期的な転送に用いる方法だったのに対して、こちらの301リダイレクトは半永久的にページを転送する際に用いられます。

また、302リダイレクトの場合は元ページがインデックスされることに対して、301リダイレクトは転送先ページがインデックスされるという違いもあります。

インデックスについて知りたい方は「インデックスとは?いまさら聞けないSEO用語を解説」の記事をご覧ください。

301リダイレクトはいつ使われるのか?

新規にサイトを立ち上げた際サイトのhttps化(SSL化)を行なった際に用いられることが多いです。

301リダイレクトはこれまで得ていたページへの評価をしっかりと受けつぐため、仮にサイトを移転しサイトを新しく立ち上げた際にも、以前と変わらず検索エンジンからの流入を維持させることが可能となります。

httpsについては「httpsとは?SEOにも欠かせないSSLについて解説」の記事をご覧ください。

302リダイレクト設定方法

それでは、実際にリダイレクトを設定する方法について解説します。ここでは、一般的な方法ともされる「.htaccess」というファイルを利用した方法をご紹介します。

ファイルへの記述

まずはファイルへ、転送を指定するための記述を行なっていきます。「メモ帳」などのテキストエディタを開き、新規ファイルを作成して、必要に応じて次に解説する記述を追加してください。

サイト自体をリダイレクト

RewriteEngine On
RewriteCond %{http_host} ^元のサイトURL
RewriteRule ^(.*) http://移転先サイトのURL/$1 [R=302,L]

上記はサイト全体をメンテナンスする際などに、一括して転送させるために使用します。

ページを指定して転送

RewriteEngine on
RewriteRule ^元のページURL$ /転送先のページURL [R=302,L]

ページ単体で転送を行いたい時には、こちらを記述します。

必要な記述を追加したら「〇〇.txt」のようにテキスト形式で保存します。ファイル名は任意の半角英数字にします。

ファイルアップロード

保存が完了したらFTPソフトを起動し、サーバー上の任意フォルダへこのテキストファイルをアップロードします。アップロード完了後、ファイル名を「.htaccess」へ変更することで、設定が完了します。

ファイル名の先頭に「.(ドット/ピリオド)」が付き、「.txt」のような拡張子は消去する必要がありますのでご注意ください。

まとめ:302リダイレクトとは

今回は302リダイレクトに関しての解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

内容をまとめると、

  • 302は一時的な転送
  • 301は半永久的な転送
  • ページランク・評価は受け継がれるが、インデックスされるページが違う
  • リダイレクトは「.htaccess」へ記述することで設定可能

今回の内容は、サイトを運営する方にとっては知っておくべき内容といえます。サイトの規模が小さい方でも、本来301リダイレクトをすべきところを302で指定していると、SEO的にマイナス評価を受けることがありますので、注意が必要です。その様なことにならないためにも、今一度それぞれの違いを理解し、適切なリダイレクト処理を設定してみてください。