Webでの集客や営業を支援するマーケティング情報メディア

集客チャネルとは?チャネルの種類と形態を徹底紹介

チャネルとは集客を行う経路や媒体を指し、集客チャネルはマーケティングを行う上で欠かすことができない存在です。

この記事では集客チャネルについての簡単な概要や、集客チャネルにはどのような形態と種類があるのかについてまとめました。

効果的な集客を考えている人やチャネルについて興味がある人はぜひ参考にして下さい。

集客チャネルとはどんなもの?

集客チャネルとは集客を行うために必要な媒体や経路のことをいいます。新たに実店舗をオープンしたりWeb上で新規コンテンツを立ち上げたりしても、集客対策をしなければ顧客がつくことはありません。

集客コンテンツとは、テレビCMや雑誌・新聞広告などの従来の広告媒体から、SNS・インターネット広告などのWebを利用して行う広告媒体までを指します。

それだけでなく、実店舗やECサイトなど製品の販売やサービス提供を行うための媒体や、配送業者など製品を提供するための経路もすべて集客チャネルにあたるのです。

つまり、集客チャネルとはマーケティングを行っていくうえで欠かすことができないものすべてを指していると言えるでしょう。

集客チャネルは製品販売やサービス提供のために活用するだけでなく、集客アップの分析につなげることもできます。

例えばある製品を販売する時にテレビCM・雑誌広告・ダイレクトメール・Web広告などの各媒体でPRを行います。製品を購入した顧客がどの媒体から製品の存在を知り購入するまでに至ったのか、その経路を分析することで特に反響の大きかった媒体をピックアップして強化することで、次回はより効果的な集客につなげることができます。

製品の流通も、どの経路を使用すれば一番効率がよくてコストを抑えることができるのか、という分析につなげることができます。

製品を販売してもコストがかかり過ぎると売上につなげることはできません。逆に多少コストがかかっても製品を確実に販売するために必要不可欠な場合もあります。

集客チャネルはデータを客観的に分析することによってマーケティングに大きく影響を与える存在です。

スマートフォンやSNSの普及でインターネットを活用する人が増加し、集客チャネルはさらに細分化・複雑化しています。これらを有効活用することで、さらに強い味方になることは間違いないでしょう。

集客チャネルの種類

集客チャネルは大きく分けて販売チャネル・コミュニケーションチャネル・流通チャネルの3種類があります。

これらは企業が顧客へ製品の売買やサービス利用を行ったり、製品の流通を行ったりする上で欠かすことができません。それでは、具体的な内容をみていきましょう。

販売チャネル

販売チャネルとは顧客に対して製品の販売やサービスを行うための経路のことです。

販売チャネルの代表的なものとしては実店舗や小売業者が挙げられますが、ネット通販として需要が高まっているECサイトも販売チャネルに含まれます。

製品を販売したり、サービス提供を行ったりする窓口が販売チャネルだと考えていいでしょう。

コミュニケーション・チャネル

コミュニケーション・チャネルとは、企業が顧客とコミュニケーションのやりとりをするための媒体です。

従来の媒体としてはテレビCMや新聞や雑誌の広告などがありますが、インターネットの普及により発展したメールやSNS、WebサイトやWeb広告もコミュニケーション・チャネルに含まれます。

また企業側から送られるダイレクトメールもコミュニケーション・チャネルのひとつです。

コミュニケーション・チャネルが集客に及ぼす影響はとても大きく、特にインターネットの普及からSNSなどを活用する企業は増加傾向にあります。

流通チャネル

流通チャネルは企業側から顧客に対して流通を行う経路のことです。

購入した製品はもちろん、サービスを提供する場合も流通チャネルに含まれます。

流通チャネルの具体例としては、配送業者に代表される物流、製品を実際に販売する小売業者や卸売業者などです。

販売チャネルと流通チャネルは製品の販売や提供という面では共通していますが、流通チャネルには製品を運送するための物流も含まれます。

集客チャネルの形態

集客チャネルの形態にはマルチチャネル・クロスチャネル・オムニチャネルの3種類があります。

これらは複数のチャネルを持っていることは共通していますが、チャネルの独立や情報共有などはそれぞれ異なるため、どのチャネルを選択するかで集客対策も変わってくるでしょう。

これまでは実店舗をメインにした集客チャネルが主流でしたが、インターネットの普及からチャネルの仕様は様々に変化しています。

次は各チャネルについて詳細をまとめましたので、ぜひ参考にして下さい。

マルチチャネル

マルチチャネルは顧客に対して複数のチャネルを用意した形態のことです。

マルチチャネルの特徴は、複数あるチャネルの情報が連携せずに独立した状態になっていることです。

そのため、実店舗とECサイトの間でも顧客情報や在庫情報などは共有されずに分断された状態となっています。

マルチチャネルの具体例としては、デパートに実店舗を持つお店がECサイトを立ち上げ、そこでも製品を販売している場合です。

またカタログを使用した通販や訪問販売などもマルチチャネルに含まれます。

マルチチャネルを利用する大きなメリットは企業の知名度アップや顧客との接点経路が増えることです。

複数のチャネルを持つことで顧客への認知や接点が広がりますので、結果として集客アップを見込むことができます。

一方で製品がサイトにあっても、店舗で販売されていない、取り寄せができない、などの状況が発生してせっかくの販売のチャンスを失うデメリットもあります。

しかし近くに実店舗がない場合や実店舗では手に入らなかった製品がECサイトで手に入るなどの利便性を考えると、有効活用できるチャネルだと言えるでしょう。

クロスチャネル

クロスチャネルは複数のチャネルを持ち、それらの顧客情報や在庫情報が連携されて情報共有された形態のことです。

複数のチャネルを持っている部分はマルチチャネルと同じですが、それぞれのチャネルが独立していないところが異なる点です。

クロスチャネルを活用することで、ECサイトで注文した製品を店舗で受け取れたり、製品の返品ができたりするなど、チャネルを横断して対応することが可能になります。

これはチャネル間で情報共有を行うことで得られるメリットです。どうしても欲しい製品があるけれど、店舗には在庫がない場合などに心強いチャネルだと言えるでしょう。

一方でクロスチャネルには実店舗のポイントをECサイトで使用できない、実店舗に在庫がない製品をネットショップ経由で自宅に送付するなどの対応はできないというデメリットもあります。

しかし、情報を連携することで在庫の速やかな確保やサービス提供につなげることができますので、これらのデメリットもしっかりカバーしてくれます。

オムニチャネル

オムニチャネルとはすべてのチャネルを統合し情報を連携した形態のことです。

「オムニ」とは「すべての」という意味で、複数あるチャネルを統合することによって、顧客にECサイトや実店舗などチャネルごとの違いを意識させずに利用してもらうことができます。

その具体的な例としては、実店舗にない製品がECサイトに在庫がある場合、実店舗で支払いをしてECサイト経由で自宅に宅配するサービスがあげられます。

また実店舗で得たポイントをECサイトでも使用できるなど、実店舗とECサイトが同じように使用出来ることがオムニチャネルの最大のメリットです。

オムニチャネルの仕組みはスマートフォンやSNSと相性がよく、コミュニケーション・チャネルを活用した内容から企業と顧客がこれまで以上に密接なかかわりを持つことができ、それが集客アップにつながっています。

一方で同じブランドであるはずの実店舗とECサイトが競合化する、認知度のハードルが上がってしまう、といった注意点もあります。

せっかくインターネットで集客し、売上につなげても実店舗と競合化してしまうと本末転倒です。

オムニチャネルを有効活用するためには、実店舗とECサイトいずれかに偏り過ぎることなく、フラットな視点が必要となるでしょう。

集客チャネルの活用方法

ここでは集客チャネルの活用方法について紹介していきます。

SNSを効果的に使用する

スマートフォンの普及からSNSを活用する人が増加したことから、企業側も集客チャネルの媒体としてこれらを有効活用しています。

これまでもインターネットはWeb広告やWebサイトなどの活用がありましたが、SNSを利用する人が増えたことでインフルエンサーにも注目が集まっています。

インフルエンサーとはSNSやYouTubeなどの動画サイトを使用して製品の宣伝を行う人のことで、一般人の購買意欲を刺激し、売上に大きく直結している存在です。

特定のジャンルに精通し、その知識を活かして情報発信を行って売上アップを行うため、社会的影響が非常に大きいインフルエンサーもいます。

企業の中にはSNSで自社ページを公開してフォロワーを増やすだけでなく、このようなインフルエンサーと提携し、その影響力を新たな集客チャネルとして活用することも少なくありません。

集客チャネルの形態の特徴を意識して活用

集客チャネルの形態はいくつかありますが、コンビニエンスストアやスーパーマーケットといった実店舗をメインにしている企業はオムニチャネルを活用しているところもあるようです。

オムニチャネルはすべてのチャネルの情報連携が特徴です。

コンビニエンスストアやスーパーマーケットは食品や消耗品を取り扱っていることが多いため実店舗を利用する顧客もいますが、インターネットのECサイトと実店舗を連動させることで在庫の確保や場所にとらわれない買い物など、新たな購買スタイルを生み出すことに成功しています。

オムニチャネルだけでなく、マルチチャネルやクロスチャネルなど、それぞれの特性を活かすことで企業の売上につながるでしょう。

集客チャネルを有効活用して効果的な集客をめざそう

各集客チャネルの役割や特性を理解し、活用できれば効率的な集客につながります。

集客チャネルのデータを蓄積・分析することで、今後の集客に対する方向性の改善や、強化したい集客チャネルをピックアップして集客力を高めることも可能です。

集客チャネルには様々な種類・形態がありますので、ぜひ有効活用をして効果的な集客を目指して下さい。