Webでの集客や営業を支援するマーケティング情報メディア

営業の効率化を図れるアプリがあるって本当?今すぐ導入すべきアプリ6選!

日々忙しく業務を遂行している営業マンの中には、「今よりも営業効率を高めたい」と考えている方もいるでしょう。

そのような方には、営業効率の向上が図れるアプリの使用をおすすめします。
ただ、営業シーンやビジネスシーンで活用できるアプリには様々な種類がありますので、どれを使えばいいか悩んでしまう方もいらっしゃるかと思います。

そこでこの記事では、営業の効率化を図れるおすすめのアプリをいくつか紹介していきます。

営業マンにおすすめの業務効率化アプリってどれ?

では早速、営業マンにおすすめの業務効率化アプリについて、詳しく見ていきましょう。

NewsPicks

営業マンは様々な顧客とコミュニケーションを取りますので、あらゆるジャンルの知識を身に着けておかなければなりません。トレンドニュースや世間の動向についても耳を傾ける必要があります。

そんな時におすすめなのが、NewsPicksというアプリです。
このアプリでは、国内外の経済ニュースが一堂に集められていますので、効率よく知識を吸収できます。

Eight

営業マンにとって「名刺」というのは命の次に大切な道具です。
顧客から受け取った名刺を活用しながら営業リストを作成すれば、営業効率を最大化できますよね。

ただ、日々名刺交換を行っていると、どの名刺が誰のものなのかわからなくなってしまうこともあるでしょう。
そんな時は、Eightという名刺管理アプリを活用してみてください。

名刺の写真を撮ってアップロードするだけで、自動で名刺のリストを作成することができますし、相手の異動や転職があった際は通知を受け取ることもできるため、常に最新の情報を取得しやすいと言えます。

Evernote

このアプリは、
・商談の備忘録
・会議の議事録
・アイディアの芽も
などをクラウド上に保存できます。

また、テキストデータだけではなく、画像や音声、PDFの記録も可能となっていますので、業務の効率化を図りたい方には最適と言えるでしょう。
タグを活用してデータを整理することができますので、「案件別」「顧客別」などのタグを作成しておけば、効率よく業務を遂行できます。

Chatwork

リモートワークの導入が進んだ昨今では、Chatworkというアプリが人気を集めています。
このアプリは、ビジネスチャットを目的に作られたアプリで、
・顧客との商談
・上司やチームでのミーティング
などに活用することができます。

また、相手や自分にタスクを振り分けることができますので、業務の抜け漏れの防止にも繋げられるでしょう。

Notion

Notionというアプリは、メモアプリの一種です。
ただ、使用できる機能がかなり豊富であることから、営業マンをはじめとするビジネスパーソンのタスク管理アプリとしても活躍しています。
例えば、
・ダッシュボード機能
・カレンダー機能
などがついているため、営業活動中のメモややるべきことの整理などを行えるようになるのです。

Microsoft Office Mobile

営業マンにとって、
・Excel
・Word
・PowerPoint
などは欠かせないツールですよね。

Microsoft Office Mobileというアプリを活用すれば、スマホやタブレットでOffice関連ソフトが使えるようになりますので、パソコンを待たずに外出した際にも問題なく資料の確認や修正などが行えるようになります。

「営業リスト作成」に特化した便利ツールがあるって本当?

ここまで自分自身の営業効率をあげるためのアプリの紹介をしてきましたが、チーム全体・会社全体の営業効率をあげるためには質の高い営業リストが欠かせません

ただ、質の高い営業リストを作成するためには膨大な時間と手間がかかりますよね。
ここからは、その負担を軽くできる営業リスト作成に特化したツールをいくつか紹介していきます。

アプリやツールの力を使って業務の効率や生産性を底上げしたいと考えている方は、先ほど紹介したアプリとこれから紹介するツールを併用してみると良いでしょう。

GeAline

GeAline(ジーン)というツールは、エッジテクノロジー株式会社が提供している「営業リスト作成ツール」です。このツールの特徴は、RPA(コンピューターによる定型的な作業をロボットによって自動化すること)の技術を活用しながら、新規顧客の獲得を効率化できます。

企業の問い合わせフォームへの自動アプローチが可能ですので、企業との接点を増やしたいと考えている方にも最適です。

自社で営業リストを作成しようとすると顧客を分類する手間がかかってしまいますが、GeAlineを使えばAIが自動的にグルーピングしてくれますので、リスト作成にかかる手間を大幅に削減できます。

顧客のメール開封率やクリック率などを比較する機能もついていますので、
「メールを送って終わり」「アプローチして終わり」
にするのではなく、データを分析することで「次にどのようなアクションをとればよいか」という戦略をがたてやすく、顧客のフェーズに合わせた効率的な営業活動を行うことができます

GeAline 公式サイトはこちら

SalesNow Targeting

SalesNow Targetingは、株式会社QuickWorkが提供している「営業リスト作成ツール」です。これまでに3000社を超える導入実績があり、現在でもその人気を伸ばし続けています。

このツールを活用することで、500万件以上のデータベースの中から自社に最適な顧客をピックアップしてリストを作成できますので、営業効率を向上させやすくなります。

SalesNow Targetingは、企業名や基本的な情報だけではなく、
・ホームページURL
・代表者の連絡先
・採用情報
など、かなり細かな情報もまとめられているため、リサーチの手間を大幅に削減できるでしょう。

SalesNow Targeting 公式サイトはこちら

Musubu

Musubuという営業リスト作成ツールを活用すれば、最短30秒で営業リストの作成を完了させることができます。また、適当に企業を選定するのではなく、商談や成約に繋がりやすい企業を選別してピックアップしてくれますので、法人営業に力を入れている企業、営業マンの方にもおすすめです。

Musubuも営業メールの自動配信やメールの開封率・クリック率の分析を行えますので、質の高い営業リストを簡単に作成したいと考えている方は、是非活用してみてください。

Musubu 公式サイトはこちら

リスタ

エコノス株式会社が提供しているリスタという営業リスト作成ツールは、リリースから10年以上が経過しているため、非常に信頼度の高いツールと言えます。

新規企業の抽出機能も搭載されているため、新規開拓に力を入れている営業マンには適していると言えるでしょう。

また、リスタには迷惑メール防止法に抵触しないものを自動で検知する機能がついていますので、安心してアプローチが行えます。

リスタ 公式サイトはこちら

BIZMAPS

BIZMAPSという営業リスト作成ツールは、170万社以上のデータを抱えていて、様々な条件で自社に合った企業を抽出することができます。また、データについては毎日更新となっていますので、新しく設立された企業へのアプローチを考えている方にも最適と言えるでしょう。

どの営業リスト作成ツールを活用する場合でも、基本的に料金がかかります。
ただ、BIZMAPSには無料プランが用意されていて、月100件までの利用ならコストが一切かかりません。

また、BIZMAPSに登録されているデータについては、3,000人以上のリサーチャーが目視チェックを行っていますので、精度が高いと言えます。
・会社の移転
・役員交代
などの細かい情報も入手することができますので、営業の精度を高めたいと考えている方は是非活用してみてください。

BIZMAPS 公式サイトはこちら

アプリやツールの導入で営業成績を底上げしよう!

日々の業務を効率化したいと考えている営業マンの方は、今回紹介したアプリを活用してみると良いでしょう。
いくつかのアプリを組み合わせることで、作業効率や生産性が一気に向上し、営業成績の向上に繋げられるはずです。

また、「営業リストの作成」に特化したツールもいくつか存在しますので、優良顧客を効率的に発掘したいと考えている方は活用してみると良いでしょう。

先ほど紹介した営業リスト作成ツールの詳細や、料金プランについては、「質の高い営業リストが作成できるおすすめツール5つを徹底比較!」のページで解説していますので、興味がある方はチェックしてみてください。